マッチングアプリで女性の目にとまるプロフィールの書き方

今では男女の出会いの場として活躍しているマッチングアプリですが、好みの女性を見つけてもメッセージのやりとりができなければ意味がありません。
せっかく『いいね』をしたのに、『いいね』を返してもらえない、メッセージを送ったのに既読がついても返事を返してくれない、なんて悩んではいませんか?
もしかしたら、あなたの書いたプロフィールに問題があるのかもしれません。
あなたが気に入った女性は、他の男性からもアプローチを受けている可能性が高いです。
多くのライバルの中からあなたを選んでもらうためには、プロフィールの書き方を知っておく必要があります。
ここでは女性の目にとまるプロフィールの書き方を説明していきたいと思います。

プロフィールにおける写真の重要性

一昔前は出会い系サイトというと怪しいイメージがでしたが、最近はマッチングアプリと名前を変えてから印象が良くなりました。
マッチングアプリで出会って恋人に、そのまま結婚というのも珍しい話ではないですよね。
今では男女の出会いの1つの手段として市民権を得ているマッチングアプリ、あなたはきちんと活用できていますか?
『プロフィール写真ってそんなに重要?』
こんな考えを持っているあなたは、マッチングアプリユーザー超初心者です。
プロフィール写真がダメだと誰もあなたに興味を示してくれません。
あなたが出会いたがっている魅力的な女性と、あなたをつないでくれる赤い糸がプロフィール写真なのです。
ぜひここで正しいプロフィール写真の撮り方を学んで、実践していただきたいです。

プロフィールの1枚目の写真が命

いいねをもらった女性が一番先に見るのが、プロフィールの1枚目の写真です。
ここで彼女の気をひくことができなければメッセージの交換なんて夢のまた夢、それくらいプロフィールの1枚目の写真は重要です。
もちろんブサイクよりはイケメンの方がいいですし、不潔よりは清潔の方がいいです。
しかし、生まれ持った顔は変えようがありません。
大切なのはイケメンに写っているかということよりも、あなたの魅力が出ているかどうかということです。
満面の笑顔でバーベキューをしている写真を見たら『イケメンではないけど、クティブな人で楽しそう』と思ってもらえ、メッセージ貢献につながる可能性も上がります。

好感度を意識しよう

プロフィールの写真が自撮りの人は今すぐ写真を変えましよう。
自撮りはどうしてもナルシスト感が出ますし、『この人友達いなそう・・・』という悲しい感じが出てしまいます。
間違ってもどこかのトイレでカガミ越しに自撮りをした写真をアップしないようにしてください。
トイレでかっこをつけて写真を撮っているという事実が、哀愁を誘います。
薄暗い部屋で撮った写真よりも、外で撮った写真の方が明るいイメージを与えます。
他人に撮ってもらった写真、友達とアクティビティを楽しんでいる写真などは笑顔が自然になりますし、好感度がぐっと上がります。
細身で高身長の人は、スタイルがわかるように写真を撮ると自分のいいところを自然とアピールできます。

2枚目3枚目の写真は趣味や好きなものがわかるように

またプロフィールの2枚目3枚目の写真はできれば自分の好きなもの、趣味などがわかるような写真だといいです。
ペットを飼っている人はペットと一緒に写った写真でもいいですし、旅行の写真や趣味を楽しんでいる写真だとあなたの人柄が伝わりやすいです。
無理やり自分の顔を入れる必要はありません。
好きな場所や、料理好きの人は作った料理の写真だけでもいいでしょう。
女性は趣味が同じ人や価値観が似ている人を好む傾向があります。
文章で伝えるよりも写真の方がダイレクトにメッセージが伝わるのでオススメです。

自分の顔写真を加工しすぎない

マッチングアプリに登録をしている女性は加工アプリSNOW(スノウ)などを使い、自分の顔を可愛くしていることが多いですが、男性は厳禁です。
『女々しい』『かわい子ぶってどうするの』『ナルシストっぽい』
と言ったようにほとんどの女性が、自分の顔写真を加工してマッチングアプリに登録する男性に好感を持っていません。
せっかくのプロフィール写真だから写りがいいものを、という気持ちはわかりますが男らしく素顔の写真で勝負しましょう。
またマッチングアプリのためだけに、一所懸命写真を撮っているという必死さはバレないようにしてください。
あくまで普通に、自然な写真がポイントが高いです。

プロフィール、文章作成のコツ

前章では写真について説明しましたが、写真をクリアすれば次に女性が見るのはプロフィールページの文章です。
男性はそうでもないですが、女性はプロフィールページの文章をじっくりと読む人が多いです。
メッセージをやり取りする前に、その人の人柄や自分に合いそうかなどを文章から読み取るのです。
しかし、『自己紹介といっても何書けばいいのかわからない』
といったように履歴書でもないのに、いきなりプロフィールを記入して下さいと言われてサクサクと書ける人は少ないのではないでしょうか。
せっかくだからポジティブなことを書きたいと必要以上に自分をよく見せようとしたり、嘘を書いてしまうと後で困るのは自分です。
できるだけ誠実に、人柄と感情が伝わるようにプロフィールを書くことが大切です。

基本情報はきちんと埋めよう

身長・体型・血液型・居住地・出身地・職種・学歴・年収・同居人・タバコ・酒・恋愛・結婚について。
以上の項目がプロフィールページにおける一般的な基本情報でしょう。
これらの情報は婚活パーティーや街コンなどでも事前に求められるような情報であり、恋愛をする上で事前に知っておきたい情報です。
全てを埋める必要はないですが、できれば70パーセントから80パーセントは埋めるようにしましょう。
あまりにも一生懸命書いてしまうと、必死さがにじみ出ますしサクラだと勘違いされる可能性もあるので注意してください。
もし恋愛・結婚についての項目がある場合は正直に書くようにしましょう。
お互いの目的が合わないのであればメッセージをやり取りしても時間の無駄です。

文章はできるだけ簡潔に、短すぎず長すぎず

自己紹介文のコツは短すぎず、長すぎずちょうどいいボリュームを目指しましょう。
短すぎると『軽そう』『ヤリ目なんじゃ』と言ったようにマッチングアプリにおける真剣度が低いように見えてしまいます。
またあまりに適当なプロフィールは、不誠実な人に見えてしまうので注意が必要です。
逆に文章が長すぎると、必死すぎる感じがしますし、何より読むのがめんどくさいです。
元気な雰囲気欲しい、可愛いからといって顔文字や「!」を多用しすぎてしまうと、とても軽そうなイメージを与えてしまうので注意が必要です。

困ったらこの3つについて書け

結局どうプロフィールを書けばいいんだという方安心してください。
プロフィールに書くことがわからず困ったらとりあえず仕事、好きなこと、性格について書きましょう。
最低限この3つを押さえておけば大丈夫です。

・挨拶(マッチングアプリを始めた理由を入れましょう)
・仕事について
・好きなことについて
・自分の性格について
・挨拶(好きな異性のタイプを入れましょう)

「他人から、友人からこう言われます」と言った第三者視点を取り入れると説得力が上がるのでオススメです。
いい文章かどうかの判断基準は、『友達に見せても恥ずかしくない文章』であるかどうかです。
もし『友人に見せられないな』と自分で感じるのであれば話を盛りすぎている可能性があるので修正をしてください。

またコミュニティやつぶやきといったマッチングアプリ特有のアイテムがある場合はぜひ活用しましょう。
同じ趣味であれば最初のメッセージも描きやすいですし、会話も盛り上がります。

マッチングアプリ ランキング

関連記事

NO IMAGE

マッチングアプリのプロフィールに載せる写真のコツ(良い写真・悪い写真の例)

NO IMAGE

マッチングアプリにもサクラは存在する?見分け方は?

NO IMAGE

マッチングアプリ内でのメッセージの良い例と悪い例・その理由

NO IMAGE

マッチングアプリで知り合った女性との初デートのコツ(しゃべり方・容姿・マナーなど...